健康食品について

健康食品というと、体に良いもの、疲れが取れる、健康になる、美肌に良い、ダイエットができるなどとても良いイメージがあります。
今足らない栄養をプラスしてくれるというイメージが多いようです。
そしてコレステロールが気なれば青魚のDHAを摂取し、美肌のためには大豆イソフラボンを摂取したりします。
もちろんこれは目的に対して足らないものをプラスすることであって良いことです。

しかし、本当に自分がその成分不足なのかということも考えましょう。
普通にしっかり栄養のバランスを取って食事をしていれば、栄養素は案外十分取れているものです。
逆に健康食品だけでは生きていくことはできません。
サプリにしても同じことが言えますが、しっかりとした栄養の取れた食事が基本になります。
それでもどうしても足らないというものを摂取することが健康食品の役割になるのです。

健康食品の中でもトクホと言われる特定保健食品には例えば、お腹の調子を整える○○や、血圧が高めの人に○○。
そしてコレステロールが高い人には○○、ミネラル吸収を助ける○○、健康維持に役立つ○○、便秘解消のために○○などがあります。

また健康機能食品にはビタミン12種○○や、ミネラル5種○○などがあります。
そしていわゆる健康食品には骨粗しょう症抑制の○○や免疫機能向上の○○。
また体質改善の○○、美肌に○○などもあります。
そして健康補助食品、栄養補助食品、栄養調整食品などの表示があります。
これらはどれも法律上は健康食品とされるものです。

Copyright © 2014 健康食品を正しく効果的に摂るためには All Rights Reserved.